フケを抑えるシャンプーの選び方

フケ

フケがが多い場合、フケの発生原因として挙げられるのが洗浄力の強すぎるシャンプーです。

 

今お使いのシャンプーでフケが出ている場合、ご自身の地肌にとって洗浄力が強く、頭皮環境にダメージを与えている可能性が高いです。

 

洗浄力が強いシャンプー成分は、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。

 

すると、それを補うために、さらに皮脂が出ようとして、過剰な皮脂が脂性フケを発生させます。

 

フケが発生している頭皮は非常にデリケートです。その肌に髪をきれいに洗うことだけを目的に作られたシャンプーを使うと地肌に刺激を与え、ダメージを与えてしまいます。

 

また皮脂が足りなくなることで乾燥フケも出てきます。フケでお悩みの場合、薬用のフケ用のシャンプーを使いましょう。

フケ対策に使えるシャンプーとは

フケが出てしまったら、石油系、高級アルコール系をなるべく避け、 アミノ酸系や弱酸性系の界面活性剤が含まれていないシャンプーを使うようにしてください。

 

乾燥フケの場合は皮脂を取りすぎず、潤い保湿が残るシャンプー。

 

脂性フケの場合はマラセチア菌の増殖を防ぎ、余分な皮脂を取り除くシャンプーが理想です。

フケ対策のシャンプー方法

フケが出ている場合、シャンプーの方法にも注意する必要があります。

 

フケが出ている場合はまず洗いすぎないでください。

 

一日二回以上洗浄力の強いシャンプーで洗うのは、地肌によくありません。

 

またお湯の温度を高くしたり(42度以上)頭を十分にぬらさずにシャンプーをつけたり、手で泡立てずに直接シャンプーをつけたり、強く洗うのもよくありません。

 

泡で頭皮を洗う時は指の腹で毛穴の皮脂汚れを浮き出させるようにして洗ってください。爪を立ててゴシゴシ洗うと頭皮を傷つけフケの症状を悪化させる原因になります。